「ECコネクター®」eコマース特化型 データ変換・連携サービス(iPaaS)

導入事例

サイト内検索エンジン導入のため、カートシステムから商品データを連携したい。

  • 活用機能
  • 商品コネクター

■Futureshop×ユニサーチの場合

  1. Futureshopの商品データは複数ファイル存在しているため、必要な項目が格納されているファイルをRPAを利用し、ECコネクターにインポート。
  2. インポート後、ユニサーチのデータ形式に自動変換し、TSVファイルを生成。
  3. ユニサーチのSFTPサーバーにデータを送信することで、商品データの連携を行います。 あらかじめ連携頻度を設定しておくことで、一連の作業を自動化することも可能です。