「ECコネクター®」eコマース特化型 データ変換・連携サービス(iPaaS)

「ECコネクター®」のデータフォーマット変換機能

「ECコネクター®」のデータフォーマット変換機能は、エクスポートしたいデータ項目の選択やデータ値をユーザー様ご自身で変換することができるので、連携先のシステムに合ったデータ形式のCSVファイルを生成することが可能です。
また、変換情報は、テンプレートとして保存することができるため、次回からの連携効率化に繋がります。

※標準連携対応しているサービスについてはテンプレート有

受注コネクターの場合

システムとの連携を行う際、ECコネクターのAPIを利用して連携を行う場合は「API連携オプション」の契約及びオプション料金が必要となります。
連携先や連携元のシステムが公開するAPIを利用する場合は、無償でAPI連携が可能です。

※CSV連携するには、連携先システムにCSVファイルの取り込み口が必要です。

カートシステムなど連携元のシステムから取得できる項目から、連携先に必要な項目を選択することができます。データ値を変換(項目名の変更、固定値出力、日付フォーマット変換など)することも可能です。これにより、任意のCSVを生成することが可能となります。
▼連携元のシステム  ▼CSV生成する項目を選択可能
データ値を変換(項目名の変更、固定値出力、日付フォーマット変換など)の変換例
変換 変換例
項目名を変更 「受注番号」→「受注コード」として出力​
固定値を出力 取引区分という項目に「1」を出力​
計算式の結果を出力​ 「単価」×「数量」の計算結果を出力​
複数項目の連結 「住所1」+「住所2」+「住所3」を出力
日付表示形式の変換​ 「2021/12/20」→「2021年12月20日」や「2021-12-20」に変換​
日付の特定要素を出力​ 「2021/12/20」→「2021」のみを出力。​
特定の記号を除外​ 電話番号「090-0000-1111」からハイフンを除外し「09000001111」を出力。​
データ有無で出力 発送メモ項目にデータが入っていなければ、「なし」を出力。​
行の追加​ 決済方法が「代引き」の場合、その受注に代引き手数料行を追加。​
データの変換 決済方法が「クレジットカード」→「1」を出力。「銀行振込」→「2」を出力。それ以外であれば元のデータをそのまま出力。